転職候補に挙がっている会社での会社見学に参加するととても勉強になります。

転職先で会社見学などがあれば、たいへん参考になります。

転職したい会社で会社見学などがあれば、たいへん勉強になります。また、技術を必要とされる業種なら、スキルを間近で見られて楽しめます。しかしながら残念なことに「職人」がいる会社見学では見学者には例外なく、普段通りの仕事風景を見せてくれることは少ないです。その最たるものが、ずばり、ブルーワーカーといわれる肉体労働です。このジャンルでは、個人のプライドが強いので仕事を始めてみるまでは、本当の姿はわからないものです。なので、見学で触れた内容がそのまま仕事現場とは考えないことがたいへん大切です。加えて、見学の時に仕事体験できる会社は、かなり問題なので正直言って、選択肢に入れるのはおすすめしません。正規雇用が結ばれていない場合、仮にトラブルが発生してもそれに対する保障が一切ないので、スタッフから勧められても丁重に断るほうが良いでしょう。

やっている転職する活動をしているときに、「自分は今までず・・

今やっている転職する活動時、「私は経験としてこのような仕事に尽力してきました」「仕事の中で手にしたスキルは、、、です」とそれまでの実績などをアピールする人はとても多いです。ただし、転職先の新たな会社で「このようなことをしてみたい」「私が言ったような内容なら貢献したい」と将来的なビジョンを話して自分を売り込むほうがよっぽど効果があります。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。

今のご時世では、株式・不動産投資などといった不労所得で収入を得た・・

この頃では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で生活資金を得たり、個人経営 や起業といった形で生きる方法も人気です。そういった移り変わりに伴い、「自営業は安定しない」というわけではなくなってきているようです。1960年代ごろの高度経済成長期には先行きがみえない株式投資や自営業よりも雇われているほうが手堅いとされ、人が生きていくうえでもっとも正しい道として一般の人々に認知されていました。そういった社会全体が安定成長する時代は過ぎ去り、今現在は「成熟期」などといわれます。機械化、自動化が進んで仕事においても人が不要な時代になる、といいます。

就職活動において、年収はとても重要なポイントです。

就職活動において、年収は極めて大事なポイントです。面接時には、ほとんどすべての企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき実際の年収を上回る額をもらっていると偽り、転職先の年収条件を引き上げてもらおうと考えるのはやめておきましょう。なぜなら、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、一時的に信じてもらえたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、遅かれ早かれウソはバレてしまうからです。トラブルに発展する可能性もあるので、現在の年収を正確に伝え、それに釣り合った希望年収を設定するのが一番良いです。例をあげれば、現在の年収が300万円の人が転職後すぐに500万円となる見込みは通常あり得ません。もし、今の年収が430万円だとすると、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくのが無難です。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、せっかく入社したのに退職しなければならないという事態になる恐れもあるので、気をつけましょう。

たいてい大企業は定期採用中心です。ですから、転職で入る事は容易ではありません。

ほとんどの場合大企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどなので、転職で入る事は容易ではありません。それに、田舎のほうでとなると転職の確率はずっと狭まります。ですが製造業の会社の場合には、都市部でない地方の工業団地のあたりに工場を置いているはずです。そういう工場は、事業拡大などの節目に人員募集をすることも珍しいことではありません。このチャンスを捉えるのです。地方の工場に転職したいなら、転職を希望する会社についての下調べからはじめましょう。公式サイトを見て、人員募集の予定がないか忘れずに確認されることをお勧めします。


経営コンサルティングなら東京の英知コンサルティングへ
経営コンサルティング、人材育成コンサルティング、個人コンサルティング、FPコンサルティングなら東京の英知コンサルティング株式会社へ。国内唯一、全コンサルタントがMBAまたは中小企業診断士。全国対応。

コメント

タイトルとURLをコピーしました