Author

未分類

何年か前までの求人誌には、雇用主が必要とする人材の「性別」まで…

一昔前の求人情報に募集条件の中に「性別」が、書かれていました。けれども「男女雇用機会均等法」の影響によって、雇用において、男女差別がしてはならないルールができて、応募条件の中身に「性別」の表記ができなくなりました。とはいうものの、募集情報を出す企業は、性別関係なく等しく雇用のチャンスを与えてくれるとは限りません。
未分類

「転職サイト」は、大手のほうが掲載量も多くなるので…

「転職サイト」は、大手が運営しているもののほうが掲載される会社の数も多くなるので、興味のある2~3社を、メンバー登録しておき、希望する勤務地や収入に対してチェックを入れて、加えて条件に合った案件が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと簡単に転職に関する情報収集を行うことができるようになります。
未分類

再就職にあたってそれなりの準備が必要です。

再就職する場合、準備は不可欠です。一言で準備といってもたくさんありますが、とりわけ「服装」を気になっても仕方がないと思います。でも、今の採用面接については私服がOKなところも多いので、ビジネススーツでなくては、と考えて出向かなくても良いでしょう。とくに会社の創設して間もない会社などは、お堅いマニュアルもないことが多く、私服で面接をしたほうが、相手先に印象をあたえます。
未分類

初めて転職をするのであれば、大切なのはなぜ現在の仕事を辞めなければいけないのかにつ…

生まれてはじめて転職をするにあたって、注意すべきことはなぜ現職を辞めなければいけないのかをハッキリしておく必要があります。その理由が根本問題なので、必ずやっておく必要があります。問題改善ができる企業を選択しましょう。社会人の転職活動は、学生時の就職活動とは異なり、現在の仕事と並行して転職活動をしていく必要があるため、時間・体力に余裕がないと難航します。
未分類

転職サイトで登録したあとに、電話やメールでの連絡が嫌になるぐらい来ます。

「転職エージェント」は一度登録したあとに、電話・メールが執拗に掛かってきます。このことに対して転職初心者はとてもびっくりすることがよくあります。転職エージェントは転職を助けることが役割だとされるので、大変積極的な姿勢でいます。特に大手のエージェントは、転職を完了させると企業からお金を受け取る仕組みであるといえるので、転職希望者の都合うんぬんよりも企業の都合を優先させることが多々あります。
未分類

看護師でありながら他の職業に転職する原因は人それぞれです。

看護師という職の人のほかの職に転職の原因はその人それぞれではないでしょうか。さまざまな理由がありますが、看護師が他の仕事への転職には「職場の中に自分と相性の悪い上司・同僚がいる」「結婚することでライフスタイルの変化によって出産そして子育てそのうえに家族の介護など、環境のさまざまな変化など、今までと同じような仕事が難しくなってしまった」「現在の給料に不満がある」というような問題が考えられます。
未分類

働くにあたって回復が難しいほど心的に厳しくなって、転職しなくてはいけない状況となったな・・

仕事によって精神的に自分が苦しくなって会社を変えなければという気持ちになったなら、職場の人と相談する以上に家族と話して、退職するか決めるといいでしょう。なぜなら、仕事をするということは自らのためでもありますが、身内の問題ともいえます。毎月、どんなに給料が良くても精神的ダメージを負うほど我慢して仕事をするのは良い状態とは言えません。
未分類

転業するつもりなら、労を惜しまずにたくさんの会社の採用情報の…

転職するつもりなら、こまめに多様な企業の募集案内を普段からチェックしておくと再就職先の判断がしやすくなります。あなたが現在の職場にやりがいを感じていないケースでは、転職活動を開始したとき、どの会社もいいように見えてしまいます。そんな状況に陥ると、どの会社に応募するべきか判断できなくなり、選択を間違えてしまうおそれがあります。
未分類

転職をする時に絶対に書く履歴書などにおいては、たいてい、…

転職をしようとする時に絶対に必要となってくる履歴書や職務経歴書に関しては、たいていはパソコンを活用して作るのが一般的です。現代の日本社会では履歴書や職務経歴書は手書きで準備するというのが普通だと思われていることも多々あるようですが、それは新卒の人たちの就職活動やアルバイトに関してであって、実際には、転職をする時については履歴書は絶対にパソコンを使ってはいけないとまで言い切ることはできません。
未分類

転職をするときに要となるのが「面接」というものです。

再就職をする場合、とても重要なのが間違いなく「面接」です。一般的な面接では応募者に対して、転職理由など色々なことを質問されると思います。そしてほぼ100%、一通りの質問が終わると、次は、転職希望者から、面接担当の人へ不安・疑問に感じることを質問できるチャンスがやってきます。
タイトルとURLをコピーしました